目元や口元はデリケートな部分なので優しくケア…

鼻のくすみが気になっている人も多いでしょう。

毛穴がくすんで見えるのは汚れが残っているためと考えられます。

角栓とは古くなった角質と皮脂が混ざったものなのですが、毛穴に詰まった角栓と落としきれなかった汚れや埃が空気に晒されて酸化することにより、くすみになってしまうと言われています。


鼻のくすみを改善するためには汚れを毎日しっかり落とすことが大切です。

汚れを落とすためにはきちんと洗顔を行うようにしましょう。

クレンジングでメイクを落としたら蒸しタオルで鼻の周りを温めてから洗顔しましょう。

肌にメイク汚れが残っている場合、くすみに繋がる可能性があるため、しっかり洗い流すことが大切です。


まずはクレンジング料の適量を手に出しましょう。

適量については商品ごとに異なっているため、説明書などでしっかり確認することがポイントです。

まずは皮脂が多く分泌されるTゾーンからクレンジング料を馴染ませていきましょう。

そして、適量の半分を額から鼻にかけて指先の腹の部分で優しくつけていきます。

擦り過ぎると肌への負担が大きくなりますし、滑らせるように広げていくことが大切です。

優しい力加減で円を描くように馴染ませていきましょう。

そして、クレンジング料の残りを頬やあごなどのUゾーンに伸ばしていきます。


目元や口元はデリケートな部分なので優しくケアしていきましょう。

また、小鼻や唇の下の凹みなどは汚れが溜まりやすいですし、丁寧にクレンジング料を馴染ませることがポイントです。

顔の肌はデリケートなので強く擦るのは良くありません。

あまり擦らずにぬるま湯でさっと洗い流すようにしましょう。

クレンジングでメイクを落としたら洗顔前に蒸しタオルを顔に当てるのがおすすめです。

それによって毛穴が開きやすくなりますし、毛穴に詰まった汚れが浮き上がって取れやすくなります。

そして、肌が温まったらすぐに洗顔することがポイントです。


まずは洗顔料をたっぷりと泡立てるようにしましょう。

たっぷりの泡で洗うと摩擦が減りますし、肌への負担を減らすことができるのです。

上手く泡立てることができない場合、泡立てネットやポンプ式の泡洗顔料を使うのがおすすめです。

鼻のくすみが気になるからという理由で1日に何度も洗顔したいという人もいるかもしれません。

しかし、洗いすぎると肌への摩擦が増えてしまいますし、乾燥などの肌トラブルが起こってしまうこともあります。

乾燥肌や普通肌の人は1日1回、ベタつきが気になる人も1日2回までの洗顔にしておきましょう。


くすみ化粧水@おすすめランキング…調べました!
ランキング


このページの先頭へ