適量を2~3回に分けて手のひらで優しくゆっくりと塗る

くすみの程度を知るには、顔の色とお腹や太ももの色を比べてみる。

くすみ化粧水は適量を(500円玉程度を)2~3回に分けて塗るようにしましょう。

そうすると、しっかりと無駄なく肌へ馴染みます。

一気に塗ると、馴染ませるには量が多すぎてしまい、肌に馴染みにくくなってしまい、ベタつきが残ったりしてしまいます。


また、パンパンと肌をたたきながら化粧水を付けると、余分に肌にダメージを与えてしまいます。

くすみ化粧水を手のひらで優しくゆっくり肌に馴染ませることが大切です。


乾燥が特に気になる部分には、くすみ化粧水を重ねて塗る事をオススメします。

乾燥が気になる部分だからこそ、念入りに保湿してあげると言う事です。


また、くすみ対策は洗顔が大切で、メイクの汚れや皮脂の汚れ、ホコリなどをキレイに洗い流すことが大切です。

汚れを正しく洗い流すことで、化粧水の効果も上がるのです。


自分の顔のくすみ具合を知るには、顔の色とお腹や太ももの色を見てみるのも良いでしょう。

赤ちゃんの肌にはくすみがありません。このように、ひとは、生まれてきた時は全て同じ色なのです。

ですので、お腹や太ももが日焼けをしていない人は、写メなどで色を見比べると、自分の肌がどれだけくすんでいるかが一目瞭然にわかります。


くすみ化粧水@おすすめランキング…調べました!
ランキング


このページの先頭へ